レーザー1日目:レーザーでしみを取ることにしました

しみ・肝斑治療

しみ・肝斑治療って奥が深い

カウンセリングを受けて、絶対にこれが王道っている治療法がないんだなぁと思いました。

私側の制約は、コストですね。お金。

今は働いてないから、湯水のごとくはお金は出せないなぁってこと。

 

アラフィフで、シミ肝斑持ちにいいのは、以下ですと説明がありました。

・ピコートーニングと言われる最近の新しい機械なら、肝斑治療ができる 10回 2週間から1カ月おきに打つ

・一緒に内服薬

・できたら、イオン導入(美容液を肌に浸透させる)

気を付けなきゃいけないのは、日ごろの刺激

・太陽(紫外線)

・摩擦

冬でも日傘を持ち歩いて、日焼け止めもしていただきたいとのことでした。

今回したこと

今回は、すごく気になっていた部分をレーザーでシミ取りすることにしました。

これは、先日、ここで書きましたね。

しみ・肝斑治療をスタートします!
実はね・・・ずっーと悩んでました。 仕事していると、なかなかしみ・肝斑治療ってやりにくいですよね。でっ なかなかできずにいたのですが・・・ 仕事をやめたから、今まで一生懸命働...

クリニックでの流れ

予約した時間にクリニックに行き、番号札を渡されて、順番待ち。

肌のきれいな先生のカウンセリングを受けました。

まずは、気になっている部分はどこですか?と鏡を渡され、鏡を見ながら指さしました。

そして、それが、シミなのか、肝斑なのか、説明を受けました。

肝斑は、先生も断定はできないようで、

「多分、肝斑とシミが混じっていますね~ですから、シミ取りレーザーをほほの部分には打てません。」

きちんと言ってくださいました。

 

先生からは、「ピコトーニング10回+内服+イオン導入 ができればパーフェクトですね。それでどこまで消えるかというところですね。」と言われました。

絶対に消えるわけではないのです。

やってみないとわからない。うーん。

シミ取りレーザー打った当日

しかし、決意は固い! 

「そうなんですね。時間がかかりますね・・・でも、私、このこめかみ付近だけでも、早く治したいです(涙)」とお願いして、シミ取りレーザーを打つことになりました。

気になっていたここです!!! この写真だと薄く見えちゃうけど・・・実際は濃いです!!!

保冷剤みたいなので、冷やして、その後、バチンバチンとレーザーを打ってもらいました。

打った後に鏡で見せてもらったら、その部分が白くなって、肌が縮れているようになっていました。

火傷の状態だそうです。

すぐ、お薬を塗り、特殊な肌色のテープを貼っていただきました。

 

痛みは、熱い針で軽く突き刺されている感じ。インフルエンザよりは、痛くないかな?

その部分の肌が熱く感じ、すごく突っ張っている気がしました。

 

家に帰って、写真を撮ったのですが、ちょっとボケてますね(涙)

軟膏塗っているせいなのか、てかっていますよね。

肌色のテープ貼っているだけだとあんまり目立たないのですが・・・軟膏塗ると、色が濃くなり、すごく目立つ(笑)

でもって、テープの下が膨らんでいる感じなんですよぉ

体液がでている感じです。ケガすると、出るじゃないですか!!

キズパワーパット的な膨らみを感じます(笑)

この体液で包まれて、傷の治りが早くなるんですよね。

「乾燥させないように」と言われたので、しっかり守るようにしたいと思います。

最低でも1週間は、テープを貼り変えずに、顔を洗い、化粧水などをいつも通りにして、上から軟膏を塗るそうです。

自然にはがれてしまったら、予備でもらったテープを貼り直します。

可能なら、2週間くらい、テープを貼っておいて、保護してくださいとのことだったので、仕事もやめて、出かける予定もないので、貼り続けようと思います。

 

 

ハイドロキノンクリーム 他の部分のシミにはこれを塗りこんで、次にピコレーザーできるまでつなぎます。 このクリーム、すごく人気ですよね。